手術・治療について

眼内レンズ

ライフスタイルに適したレンズを選びましょう

白内障と眼内レンズの進化により、見え方の質(Quality of Vision)は大幅に向上しました。パソコンでインターネットをしたり、スポーツや料理を楽しんだりすることも可能になり、生活の質(Quality of Life)も高まります。

白内障治療の方法は、患者さまの眼の状態によって慎重に決定されなければなりません。白内障手術が必要であると主治医に診断されたら、 仕事や趣味のこと、一日の生活においてどこを見ることが一番多いかなどを伝え、主治医とよく相談して、あなたの眼の状態や生活に適した眼内レンズを選ぶようにしましょう。

眼内レンズには単焦点と多焦点の2種類のタイプがあります

眼内レンズは大きく2つに分けて単焦点と多焦点があります。

単焦点

ピントが合う距離が1つ。選んだピント以外の距離を見るためには眼鏡が必要になります。

多焦点

ピントが合う距離が遠方と近方の2つ。単焦点と同距離の見え方を比較すると、見え方の質はやや低下しますが、遠近両方見えます。

レンズ選択については、ライフスタイルなどによって異なるため、医師とご相談ください。

当院では以下のレンズを使用しています

  • 単焦点眼内レンズ
  • トーリック眼内レンズ
  • 多焦点眼内レンズ(※先進医療)
  • レンティス多焦点眼内レンズ(※自由診療)

ご注意ください

単焦点眼内レンズは保険適用となりますが、多焦点眼内レンズは「先進診療」、レンティス多焦点眼内レンズは「自由診療」となり保険適用外となります。

単焦点眼内レンズ

SN60WF(アルコン社)

黄色着色をしていることで、より自然な見え方と網膜保護効果があるレンズ。非球面設計で見え方のボケも少なく、薄いつくりのため小さな切開創からの挿入が可能です。

SN60WF SN60WF

ZCB00V(AMO社)

非球面構造になっているレンズ。よりシャープな見え方を目的に作られています。

ZCB00V ZCB00V

NS-60YG(ニデック社)

国産のレンズです。眼内レンズの偏位や傾斜による像のボケが起こりにくい、非球面設計の着色レンズです。

NS-60YG NS-60YG

  SN60WF ZCB00V NS-60YG
光学部直径 6.0mm
全長 13.0mm
光学部の
素材
アクリル
光学部の色 着色
球面:非球面 非球面
パワー範囲(D) +6.0 ~ +30.0 +1.0 ~+30.0
挿入方法 インジェクター
角膜切開創 2.4mm

トーリック眼内レンズ

ZCV150~ZCV375(AMO社)

単焦点眼内レンズ(ZCB00V)に乱視軽減の機能を追加したレンズ。乱視を軽減するため、円柱度数の強さの違う4種類のスタイルがあります。

iSert355T3~iSert355T5(HOYA社)

単焦点レンズ(HOYA社)に乱視軽減の機能を追加したレンズ。乱視を軽減するため、円柱度数の強さの違う3種類のスタイルがあります。

iSert355T3~iSert355T5 トーリック眼内レンズ iSert355T3~iSert355T5
トーリック眼内レンズ

  ZCV150

ZCV375
iSert355T3

iSert355T5
光学部直径 6.0mm
全長 13.0mm 12.5mm
光学部の
素材
アクリル
光学部の色 着色
球面:非球面 非球面
トーリック面
パワー範囲(D) +6.0 ~ +30.0 +10.0~+30.0
挿入方法 インジェクター
角膜切開創 2.4mm

トーリック眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

ZMB00(AMO社)

着色されていない透明で、昼夜を問わず、遠くと手もと約30cmにピントが合うように設計されたレンズ。非球面構造になっているので、よりシャープな見え方が期待できます。アクリル素材で、長期にわたり透明度が保たれるつくりになっています。

ZMB00(AMO社) ZMB00(AMO社)

  ZMB00
光学部直径 6.0mm
全長 13.00mm
光学部の素材 アクリル
光学部の色 透明
パワー範囲(D) +5.0 ~ +30.0
乱視度数
(眼内レンズ面:D)
-
乱視度数
(眼鏡換算:D)
-
加入度数(D) +4.0(眼鏡面:約30cm相当)
挿入方法 インジェクター
角膜切開創 2.4mm ~ 2.8mm

多焦点眼内レンズ

レンティス多焦点トーリック眼内レンズ

LENTIS Mplus X / LENTIS Mplus X toric(オキュレンティス社)

LENTIS Mplus Xは、遠くと40cmの距離に焦点が合う多焦点眼内レンズです。非球面構造ですが、着色はされていません。また、LENTIS Mplus X toricは、乱視を矯正することが可能な多焦点眼内レンズです。これまでは、乱視があって挿入することのできなかった患者さまも使用することができ、患者さまの屈折度数に合わせて注文できるオーダーメイドタイプです。夜間の光のにじみやまぶしさも少なく、見え方の質も良いレンズです。

  LENTIS Mplus X LENTIS Mplus X Toric
形状
光学部径 6.0mm 6.0mm
全長 11.00mm 11.00mm
光学部の
素材
UV吸収アクリル UV吸収アクリル
光学部の色 着色
透明
着色
透明
パワー範囲(D) 0.0 ~ +36.0D S:0.0 ~ +36.0D
C:+0.25~+12.0D
挿入方法 インジェクター
角膜切開創 2.8mm 2.8mm

アクリルレンズについて

現在、多くの眼内レンズはアクリル素材でできています。アクリルレンズは、柔軟性があり、折りたたんでも元に戻る復元性があるため、レンズを折り曲げて小さな傷口から眼内に挿入することが可能です。傷口が小さいと、手術による乱視が出にくい、傷が治りやすい、細菌が入って感染しにくいなどの利点があります。また術後の後発白内障が少ないことも特徴です。