涙道手術

涙道手術

涙道手術は、涙の排水路を再建する手術です

涙は「涙腺」でつくられ目の表面を潤したのち、目頭にある「涙点」→「涙小管」→「涙嚢」→「鼻涙管」を通って、鼻の奥へと流れていきます。この涙が流れる管を「涙道」といいます。「涙道」が詰まったり細くなったりすると、涙があふれたり、感染を引き起こしたり、目やにが出たりします。そうなると目薬では治らないため、以下の手術により「涙道」を開き、涙の排水路を確保します。

涙道手術

涙管チューブ挿入術は、涙点からチューブを入れて涙道をひろげる手術です

直径0,9mmの涙道内視鏡を涙点より挿入し、涙道内部や閉塞部位の状態を確認、閉塞部を開きます。その後、涙点よりチューブを挿入し、閉塞部分をひろげます。チューブは手術の約2ヵ月後に抜去します。

涙管チューブ挿入術

涙嚢鼻腔吻合術は、新たなバイパスを作る手術です

涙嚢と鼻腔の間にある薄い骨の一部を一部取り除き、新たなバイパスを作る手術です。涙道がふさがっている状態が長く続き、炎症や癒着が起こっている場合は「涙管チューブ挿入術」で治療できないため、この手術をおこないます。涙嚢鼻腔吻合術が必要な患者さまにつきましては、専門病院への紹介をさせていただきます。

涙嚢鼻腔吻合術

手術担当専門医

下江 千恵美 医師

下江 千恵美 医師