硝子体注射

硝子体注射

加齢黄斑変性症には、硝子体注射による治療をおこなっています

加齢黄斑変性症は、視力にとって大切な黄斑部に、下部にある脈絡膜から新生血管ができる病気です。この新生血管から血や水が漏れ出してくると視野の真ん中が見えにくくなったり、ゆがみが出たりします。当院では、加齢黄斑変性症への最も先進的な治療である『抗VEGF抗体』という薬剤の投与治療を、硝子体注射によりおこなっています。

点眼麻酔・消毒後に硝子体注射をします 点眼麻酔・消毒後に
硝子体注射をします

硝子体注射による薬効イメージ 硝子体注射による薬効イメージ

硝子体注射が有効な病気

加齢黄斑変性症