手術・治療について

ヤグレーザー治療

ヤグレーザー治療は、後発白内障に対するレーザー治療です

後発白内障とは、眼内レンズを入れている膜(水晶体嚢)が濁ってくる病気です。水晶体嚢にある細胞が増殖し混濁してくることが原因で、初期の白内障のようにくもったり、かすんで見えたりします。濁りの程度が軽く、視力の低下やかすみがなければ治療の必要はありませんが、支障をきたすようになれば眼内レンズの裏にある水晶体後嚢にヤグレーザーを照射し、穴を開けることで濁りを取り除きます。

●点眼麻酔 ●所要時間:約5分程度

 

ヤグレーザー治療

痛みはほとんどありませんが、切開した破片が眼の中に散らばるため、治療後少しの間、虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)ことがあります。