目の病気について

中心性漿液性脈絡網膜症

中心性漿液性脈絡網膜症とは黄斑部に水がたまる病気です

中心性漿液性脈絡網膜症は、網膜の下から水がもれ出てきて黄斑部に水がたまる病気です。30歳~50歳代の働き盛りの男性に多く見られ、ほとんどの方が片眼だけに起こります。

中心性漿液性脈絡網膜症の写真

中心性漿液性脈絡網膜症の写真

症状

視野の真ん中が見えにくかったり、ゆがんで見えたり、小さく見えたり、違った色に見えたりします。

原因

精神的、肉体的ストレスが関与しているといわれています。

治療

3ヵ月~半年くらいで自然に治る傾向があるため、循環改善薬やビタミン剤などの内服で経過をみることもあります。経過が長引いたり、再発をくり返す場合で、水のもれ出している場所がものをみる中心から離れているときは、積極的にレーザー治療などをおこないます。