目の病気について

白内障

白内障とは、目のレンズである水晶体が白く濁る病気です

白内障とは、目のレンズとして機能している水晶体が白く濁る病気です。黒目が白く見える、目がかすむ、視力が低下するなどの症状がみられ、老化現象のひとつです。水晶体のたんぱく質が変化してしまうことが原因で、緑内障や網膜剥離の手術を受けた場合、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷などによっても起こります。

白内障は、早期発見が大切です

加齢とともに白内障になりやすくなるので、眼科の定期検診などで早期発見に努めましょう。日常生活に支障をきたすような場合は、手術をおこない視力を回復させることができます。手術をせずにそのままにしておくと、急性の緑内障やぶどう膜炎などを起こすこともあるので注意が必要です。

白内障手術は、日帰りでおこなえる安全な手術です

白内障手術は、濁った水晶体を超音波で取り除き、人工の水晶体である眼内レンズを挿入する手術です。眼内レンズは取り替える必要がなく、半永久的に使用できます。裸眼視力の向上が期待できることはもちろん、非常に安全性が高く、入院の必要もありません。