目の病気について

網膜剥離

網膜剥離とは、網膜が剥がれてくる病気です

網膜剥離は、網膜が剥がれてくる病気です。加齢などで網膜に穴が開き、液化した硝子体が入りこんで徐々に網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」、糖尿病網膜症などで生じる「牽引性網膜剥離」、炎症などによって起こり網膜裂孔がない「滲出性網膜剥離」などがあります。放置すれば失明の危険性があるので早期に発見し、手術など適切な処置をおこなうことが必要です。

症状

  • 虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」
  • チカチカと存在しない光が見える「光視症」
  • 視力低下
  • 視野の一部が見えにくい視野欠損

原因

体質や加齢、打撲、強度近視などが誘因と考えられています。

治療

白目の周りにシリコンバンドを巻く「バックル手術」や「硝子体手術」をおこないます。初期の場合は裂孔の周りをレーザーで固める治療でおさまることもあります。

網膜剥離の写真

網膜剥離の写真