目の病気について

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは、網膜の血管が詰まり出血を起こす病気です

網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が詰まって出血を起こす病気です。静脈の根元が閉塞する『網膜中心静脈閉塞症』と、静脈の枝分かれした一部分が閉塞する『網膜静脈分枝閉塞症』があり、動脈硬化、高血圧、糖尿病のある人に多いとされています。

症状

視力の急激な低下がみられます。
閉塞する静脈の部位や出血、浮腫(水ぶくれ)の程度はさまざまです。

原因

動脈硬化、高血圧、糖尿病が大きな要因と考えられています。

治療

部位・程度・経過によって、薬物療法・レーザー治療・硝子体手術などをおこないます。静脈の閉塞がひどい場合は、悪い血管(新生血管)が出てくることがあるので、病状の進行を止めるため静脈の閉塞した部位にレーザー治療をおこないます。また黄斑部に浮腫が強い場合は、注射による薬物治療や硝子体手術をおこないます。

網膜中心静脈閉塞症の写真

網膜中心静脈閉塞症の写真

網膜静脈分枝閉塞症の写真

網膜静脈分枝閉塞症の写真