目の病気について

涙に関する病気

涙に関する病気にはさまざまなものがあります

流涙症

涙の排水路が確保されず障害が生じる病気です

流涙症とは、涙の排水路である「涙道」が詰まったり細くなったりすることで、涙があふれたり、感染をひき起こしたり、目やにが出たりする病気です。治療には手術が必要で、閉塞状況や罹患期間などにより、以下のいずれかをおこないます。

涙管チューブ挿入術

内視鏡で閉塞部位を確認し、涙の排水路を開放、本来の涙道を再び使えるようにする手術です。

涙嚢鼻腔吻合術

涙嚢と鼻内腔との間の骨を一部取り除き、涙嚢と鼻腔を直接つなげる手術です。

ドライアイ

目の表面が乾燥し障害が生じる状態です。

症状

目がしょぼしょぼする、重い感じ、疲れやすい、乾く、充血、目やにが出たりします。悪化すると痛みがあり、視力低下を引き起こすこともあります。

原因

涙の量が減少したり、蒸発しやすい涙になることで起こります。

治療

点眼治療を中心におこないます。
人工涙液やヒアルロン酸ナトリウム点眼薬、蒸発亢進型に有効なムチン点眼薬などがあります。
重度のドライアイには、涙点プラグや涙点閉鎖術をおこないます。