目の病気について

黄斑円孔

黄斑円孔とは、網膜の中心に穴が開く病気です

黄斑円孔は、網膜の中で視力に重要な部分である黄斑部に小さい穴が開く病気です。

症状

急に視力が悪くなったり、物がゆがんで見えたりします。

原因

眼の中にあるゼリー状の硝子体が黄斑部の網膜を引っ張ることで起こります。長い間引っ張られた網膜は、やがて持ち上げられて亀裂が入り、穴になります。

治療

硝子体手術で原因となった硝子体を切除し、眼の中にガスを入れ、円孔を閉鎖させます。術後、数日のうつ伏せ姿勢をとっていただきます。

黄斑円孔の写真

黄斑円孔の写真

黄斑円孔の光干渉断層計

黄斑円孔の光干渉断層計