目の病気について

翼状片

翼状片とは、白目の組織が黒目の方へ伸びてくる病気です

白目の表面にある結膜が、目頭の方から黒目に向かって三角形に伸びてくる病気です。

症状

充血や異物感などがあり、翼状片が黒目の中心近くまで伸びてくると、乱視が強くなって見えにくくなります。

原因

紫外線が病気の発生に関係しているといわれています。

治療

充血や異物感が強くなってくれば点眼治療をおこないます。翼状片が大きくなって、視力に影響してくると手術が必要です。若い方や翼状片が大きい場合には、手術後に再発することもあります。

翼状片の写真

翼状片の写真