Q&A

小さな子どもの視力

下の表からもわかるように、見る能力は生直後より成長とともに発達していくものですが、一般に3歳頃には1.0の視力が得られるといわれています。しかし、個人差がかなりあるので、あくまで目安としてください。

年齢 視力の発達 具体的な反応
新生児 0.05
  • 光を見た時に瞳の大きさが変化する。
  • 目にものが近づくと目を閉じる。
3ヵ月 0.1
  • ものを追って見る。
4ヵ月  
  • ピントを合わせる力が働く。
6ヵ月 0.2
  • ものを近づけると目を寄せることができる。
1歳 0.3  
2歳 0.4  
3歳 1.0  

一般には3歳位から測ることができるといわれていますが、個人差がかなりあります。測るときの環境や本人の性格、体調などさまざまなものが影響するため、はじめての受診で正確な検査ができない場合もあります。 できれば何回か来院していただき、まず子どもさんに病院の雰囲気に慣れてもらうことが大切です。当院には子どもさん向けの絵本やグッズなどをご用意しておりますので、どうぞご利用ください。

家庭での練習は簡単にできます。視力検査は基本的にはランドルト環という視力検査をする時に使用するものを見てもらい、その輪の切れ目がどちらの方向に開いているかを答えていただくものです。小さな子どもさんの場合は上下左右の方向を正しく答えることは難しいため、遊び感覚で練習してもらうと大変効果的です。具体的な練習方法を知りたい方はぜひ一度ご来院ください。眼科スタッフが説明いたします。

見えにくそうにしていたら、まず受診してください。何も問題がないと思っていても、眼科的な異常が発見されるという場合もあります。例えば、目の位置がおかしい斜視や視力の出にくい弱視、黒目に傷がつくような逆まつげなどです。

まず、どのような症状があるか、お話を聞かせていただきます。例えば、目の位置がおかしいと感じるならば、それがいつからか、またどういった時に目の位置がおかしいかなど、その時期や動作などわかる範囲で具体的にお聞きすることになります。その後、視力検査など必要な検査をおこないます。子どもさんにとってははじめて経験することばかりなので、1回の検査では十分に測れないことが多いため、慣れていただくために何度か受診をお願いすることもあります。検査後に医師の診察があります。

以前に病院で怖い思いをした子どもさんは、白衣などを見ただけで泣き出すこともあります。眼科では注射など痛い思いをする検査はまずありません。しかし、病院に入ってきただけで泣き出す子どもさんに対しては、何回か受診してもらい、スムーズに検査や診察を受けていただけるよう心がけています。また、できるだけ子どもさんの緊張を和らげることができるよう、院内の随所に工夫をこらしています。

同じように見えていない場合もあります。日常で片方の目を隠してものを見ることはめったにないため、左右の目が同じように見えているかは、保護者の方にはわかりません。そこで、家庭で簡単に見分ける方法として、片方の目を手もしくはガーゼなどで隠し、子どもの反応を見ます。極端に嫌がるときは左右の視力に差があると思われますので、必ず受診してください。

治療開始の時期はできるだけ早い方が望ましいのですが、実際には3〜4歳頃に来院される方が多いです。6歳頃までは視力に関する能力は発達過程にあるといわれているので、見えていない目に対して治療をはじめる重要な時期になります。また、6〜10歳頃で治療をはじめ、効果がみられた例もありますので、あきらめることなく必ず受診してください。