藤田眼科について

院内設備

当院では、よりよい診療をおこなうため、最新の機器を導入しています。

検査機器

眼圧・屈折検査機

トノレフⅢ

トノレフⅢ

眼圧と眼の屈折を正しく測定する器械です。

白内障検査

IOLマスター

IOLマスター700

白内障手術の際、必要な眼内レンズの度数を決定するために、眼球の長さや角膜の形状を測定する器械です。

波面収差

波面収差

眼鏡では矯正できない不正な乱視を検出することができる器械です。

OPD-ScanⅢ

OPD-ScanⅢ

角膜や水晶体などを、詳しく検査する器械です。近視・遠視・乱視・などの屈折異常や角膜の形をカラーマップや数値で表すことができます。

前眼部OCT カシア2

前眼部OCT カシア2

最新の前眼部OCTです。以前の機種よりも精細に角膜や水晶体の形状が描出できるため、さらに精度の高い白内障手術が可能となりました。また、緑内障の隅角検査にも使用できます。

眼底検査

後眼部OCT

後眼部OCT

網膜の断面図を描き出すことができる器械です。また、網膜の厚みを調べることで緑内障早期発見にも有効です。

多局所ERG

多局所ERG

黄斑部の機能を調べることができる器械です。眼内に光刺激を与え、網膜の中心部分(黄斑部)を刺激します。そのときに、網膜から出る電気信号を他覚的にとらえ検出します。

後眼部OCT

眼底カメラ(VX-20:Kowa)

フルオレセイン蛍光眼底造影写真および眼底写真を撮影するカメラです。網膜疾患や緑内障などの診断治療に役立ちます

多局所ERG

OPTOS(走査レーザー検眼鏡) 200-TX

点眼薬で散瞳することなく網膜の80%以上の領域を撮影でき、従来のカメラでは観察が難しい網膜周辺部の病変もしっかり捉えます。蛍光眼底造影検査に加え、網膜変性症などの診断に有用な眼底自発蛍光検査も行える機器です。

視野検査

ハンフリー視野計

ハンフリー視野計

中心視野を調べることができる器械です。緑内障診療において広く利用されています。検査は器械で自動的におこなわれ、結果は数値化されるため、経過観察に適しています。

ハンフリー視野計

ゴールドマン視野計

視野の全体を調べることできる器械です。患者さまの病状や体調に配慮しながら検査することができます。

ハンフリー視野計

FDTスクリーナー

主に緑内障のスクリーニング検査をおこなう器械です。早期緑内障の検出に有効であり、定性的な視野異常を短時間で検出できます。

外来治療機器

マルチカラーレーザ光凝固装置 MC-500 Vixi

マルチカラーレーザー MC-500 Vixi

レーザー出力を上げ、1回の照射時間を短くし、連続してレーザーを照射する「スキャンレーザー」という新しい照射法で網膜の光凝固術がおこなえるレーザー装置です。短時間での治療が可能なため、レーザー時の痛みも大幅に軽減しました。

炭酸ガスレーザー

YAGレーザー YC1800

眼内レンズを入れている膜(水晶体嚢)が濁ってきます(濁りがでてくるまでの期間には個人差があります。)かすみが増し、視力が下がった場合には、このレーザー装置で膜に穴をあけ、濁りをとります。

スーパーライザー(近赤外線治療器)

スーパーライザー(近赤外線治療器)

生体深達性の高い波長帯の近赤外線をスポット状に高出力照射する光線治療器です。首の付け根付近の星状神経節に照射することで、筋肉の緊張が緩和され血行がよくなります。 当院では、網膜血管閉塞症、網膜色素変性症、緑内障性視神経萎縮などに使用しています。

手術機器

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡 ルメラ700

ルメラ700

この手術用顕微鏡は、従来のものに比べ眼底からの反射光がよく得られ、眼内の視認性も大幅に向上しています。白内障手術や硝子体手術をより安全におこなうことができる最新の器械です。

白内障手術機器

センチュリオン

センチュリオン

センチュリオンは灌流圧を瞬時に調整し、常に一定の眼圧で手術を行うことができ、安全で効率的な白内障手術を行うことができる装置です。

ベリオン

ベリオン

ベリオンは白内障手術時に行う切開位置や、眼内レンズの固定位置を手術顕微鏡に投影する装置です。白内障手術の精度を高め、より正確な手術を行うことができます。

硝子体手術機器

硝子体手術装置 コンステレーション

コンステレーション

コンステレーションは、毎分5000回転の高速硝子体カッターと厳密な眼圧コントロールで硝子体手術をより効率的にかつ安全におこなえる最新の器械です。

眼底広角観察システム リサイト

眼底広角観察システム リサイト

眼底広角観察システム リサイトは、これまでになく広い範囲の眼底を観察しながら硝子体手術をおこなうことができます。シャンデリア光源を併用することで、よりいっそう安全で確実な硝子体手術が実現します。

眼瞼手術機器

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、凝固、止血しながら組織を切開することができます。また、周辺の組織に影響をあたえにくいため術後の腫れと痛みを軽減できます。当院では、眼瞼下垂、眼瞼腫瘍の切除などに使用しています。

涙道手術機器

涙道手術機器

涙道ファイバースコープ

従来観察不可能であった涙道の内腔全体を観察できる直径0.9㎜の極細径内視鏡で、涙小管や鼻涙管の閉塞症例に対し、涙管チューブ挿入術を安全かつ正確に施行するとともに、処置後の経過観察にも有用な機器です。

エキシマレーザー

エキシマレーザーEC5000CXⅡ

エキシマレーザーEC5000CXⅡ

この器械にはアイトラッキングシステム、トーションエラーディテクションが搭載されています。治療的表層角膜切除に優れており、唯一つの日本国製エキシマレーザーです。

手術室の清浄度の管理を徹底しています

空気清浄システムを完備

当院では手術における空気感染を防ぐため、手術室を清浄に保っています。高性能HEPAフィルターを通した清浄な空気を天井部分から送りこみ、部屋の四隅から吸引することにより、手術室内の塵埃を99.9%以上除去しています。

空気清浄システム

「クラス1,000〜1万」のハイクリーン手術室を実現

手術室の清潔度を表す清浄度は、パーティクルカウンターという機械で測定します。一派には米国連邦規格に基づき『1立方フィートの空気中に0.5μm以上の微粒子が何個あるか?』が査定基準となり、1万個以下の場合「クラス1万」、10万個以下の場合「クラス10万」などと表されます。当院の手術室の清浄度は「クラス1,000〜1万」を保っており、これは一般手術室の「クラス1万〜10万」をクリアし、ハイクリーン手術室の条件を満たしています。

「クラス1,000〜1万」の ハイクリーン手術室