目の病気について

まぶたに関する病気

まぶたに関する病気にはさまざまなものがあります

眼瞼下垂

上まぶたが下垂し目が開きにくくなる病気です

症状

「まぶたが重い」「遠くのものを見るときに顎を上げる」などの症状がみられます。また、重症になると視力に悪影響を及ぼしたり、顔の他の筋肉を無理に使ってまぶたを開けようとするため、顔のゆがみや強い疲労感を引き起こします。

原因

加齢、ハードコンタクトレンズの長期装用などがあげられます。

治療

まぶたをあげる筋肉の働きがある程度残っている方に対しては、この筋肉を短縮する手術(ミュラー筋短縮術・挙筋腱膜修復術)をおこないます。

眼瞼内反症

まぶたが内側を向き、まつげが目に入る状態です

まぶたが内側に向いているためにまつげが眼球に当たり、角膜を刺激している状態です。

症状

異物感やまぶしさを感じたり、角膜炎、目やにが出るなどの症状があらわれます。

原因

多くは先天性や加齢性のもので、いわゆる一重まぶたで皮下組織が過剰である場合や、皮下筋肉の筋力が低下した高齢者の下まぶたに起こります。

治療

眼瞼内反症は、症状に合わせて手術の方法を選択します。
糸をまぶたの中に縫いこむことでまつげの根元を外側におこす『埋没法』、皮膚と皮下組織を切除して瞼板に縫い付ける『切開法』、 高齢者の下まぶたにおこなう『眼輪筋短縮術』などの手術をおこないます。

まぶたの痙攣

単なる疲れによるものと病気によるものがあります

まぶたの痙攣には、疲労でまぶたが一時的にピクピクし改善する「ミオキミア」の他に、痙攣の出る場所が徐々にひろがったり、まばたきがスムーズにできなくなったりする「片側顔面けいれん症」と「眼瞼けいれん」があります。

片側顔面けいれん症

症状

片側の目の周りや頬、口、あごに痙攣が出ます。

原因

顔の筋肉を動かす顔面神経が障害されるために起こります。

眼瞼けいれん

症状

両眼のまばたきが増えたり、まぶたが思うように開けられない状態になり、多くはまぶしさをともないます。

原因

脳の深部(大脳基底核)の神経回路の異常とされますが、まだ詳しくは解明されていません。

「片側顔面けいれん症」と「眼瞼けいれん」には、ボツリヌス療法が有効です