手術・治療について

白内障手術

痛みもなく安全な日帰り白内障手術

白内障とは、目の中にあるレンズ(水晶体)が白く濁る病気です。老化現象のひとつで、目のかすみ、視力の低下などがみられます。病状が進行し日常生活に支障がみられる場合は、濁った水晶体を超音波で取り除き、人工の眼内レンズを挿入します。裸眼視力の向上が期待できることはもちろん、手術方法の進歩によって以前に比べるとより安全、正確にできるようになりました。当院では、年間約2,000件の白内障手術をおこなっています。

手術は点眼麻酔で約10分

麻酔は点眼麻酔でおこないます。手術中は医師と会話もできます。痛みはほとんどなく、手術は約10分で終了し、20分ほど休んでからご帰宅いただけます。入院の必要はなく、普段通りの生活をしながら、ご家庭でゆっくり療養していただけます。

眼内レンズは半永久的に使用できます

白内障手術では、超音波を使って白く濁った水晶体を取り除き、眼内レンズと呼ばれる人工のレンズを挿入します。水晶体がもともとあった位置に挿入するため異物感はなく、取り外しをする必要もありません。一度挿入すれば、半永久的に使用できます。 

眼内レンズの詳細はこちらから>>

手術中イメージ

高い医療技術と最新の手術設備で安全な手術をおこなっています

白内障手術の安全性は、医師やスタッフの高い医療技術と最新の手術設備によって保たれます。当院ではトレーニングを十分に重ねた医師およびスタッフが細心の注意をはらい、最新の手術設備で手術をおこなっています。

手術担当専門医

藤田 善史院長

藤田 善史 院長

金川 知子 医師

金川 知子 医師

中茎 敏明 医師

中茎 敏明 医師

埜村 裕也 医師

埜村 裕也 医師

手術実績

白内障手術 実績
拡大画像を見る

2016年 使用眼内レンズ

白内障手術 使用眼内レンズ
拡大画像を見る

合併症について

白内障手術は安全性がきわめて高い手術ですが、手術中に水晶体の後面の膜が破れたり手術後に角膜が腫れるなど、予定外の処置が必要になることがあります。

破嚢(はのう)

眼内レンズをささえる水晶体の後面の膜が術中に何らかの原因で破れることがあります。その場合は破れた膜の処置をおこなって眼内レンズを入れるため、手術時間が通常よりも少し長くなります。

感染

手術後1週間から2週間の間に、手術の傷口から入った細菌が目の中で炎症を起こすことがあります(術後眼内炎)。失明にいたる恐れがあるため緊急の処置が必要となります。手術後、見えにくい、かすむ、痛いなどの症状があればすぐにご連絡ください。

術後炎症

手術後、炎症が強く起こり、眼圧が上がって角膜が腫れ見えにくいことがあります。点眼や点滴などをおこなうと数日で回復します。

眼内レンズ度数ずれ

挿入した眼内レンズの度数が目標とした屈折度数と合わないことがあります。しばらく経過をみますが、強い度数ずれの場合は再手術をおこなってレンズを交換します。

グレア、ハロー

強い光源を見たときにまぶしさを感じたり、光の周辺に光の輪がかかって見えることがあります。しばらくすると慣れるため経過観察となります。

後発白内障

手術後、数ヵ月から数年経過して視力が低下することがあります。眼内レンズをささえる水晶体後面の膜が濁るために起こります。外来でレーザー手術をおこなうことで視力は回復します。

白内障とは