目の病気について

黄斑前膜

黄斑前膜とは、網膜の黄斑部にうすい膜が張る病気です

症状

軽いうちは無症状です。進行すると膜の収縮により網膜がむくんだり、しわができることで視力が悪くなったり、物がゆがんで見えたりします。

原因

加齢とともに眼の中にあるゼリー状の硝子体が網膜から離れていきますが、網膜の表面に残った硝子体に細胞が増殖してうすい膜が形成されることで起こります。

治療

硝子体手術で黄斑前膜の除去をおこないます。手術の時期は物がゆがんで見えたり、視力に影響してくる頃が良いと思われます。

黄斑前膜の写真

黄斑前膜の写真

黄斑前膜の光干渉断層計

黄斑前膜の光干渉断層計